施工管理の仕事とは?!

施工管理やりがいって?

工事現場での施工管理の役割はとても重要なものです。現場作業を行う職人さんの監督・管理、工事全体のスケジュール管理など、全体を見渡した仕事です。考えなければならないことが多く、簡単な仕事ではありませんが、それだけにやりがいのある仕事です。

職人さんたちの監督・管理には高いリーダーシップが求められます。かと言って、ただ単に指示を出せばいいというわけではなく、現場の人との良いコミュニケーションも欠かせません。人とかかわる能力が比較的高い人に向いている仕事と言えるでしょう。職人さんたちの中には、いろんな性格の人がいます。気難しいタイプの人もいるでしょう。

そうした人たちとうまくコミュニケーションを取りつつ、工事を予定通りに進めていくには、細かな気遣いやテクニックが求められます。そうした対人能力に自信がある人にとっては、施工管理は天職と言えるかもしれません。自分の能力を存分に生かせるというのが、やりがいのひとつです。施工管理は、自分で作業することはなくても、工事の全体に関わることができる仕事です。

最初は何もなかったところから、少しずつモノが作られていき、やがては完成するまでをずっと見守ることができるのです。施工管理自体は目立った仕事ではありませんが、一つのプロジェクトの中では欠かせない存在なのです。

また、施工管理は世の中の役に立っているということが実感しやすい仕事でもあります。住宅を建てれば、そこに住む人たちの役にたったということですし、病院や学校など、公共施設に関係することもあるかもしれません。自分が関わったものが社会の一部になって、地域のみんなに利用されるに利用されるのを見ると、高い満足感が得られます。

最後に、施工管理は比較的収入の良い仕事でもあります。会社の規模にもよって給与にも差がありますが、平均年収でいえば年収500万円以上となっています。大変な仕事だとしても、それに見合った収入が得られれば、さらにやりがいを感じられるのではないでしょうか。とにかく一生懸命働いてお金を稼ぎたいという人にとっても、おすすめの仕事です。

また、施工管理の需要は年々高くなってきていて、今後さらに求人が増えたり、給与が上がったりということもありえます。施工管理の仕事は大変なこともいろいろありますが、その分大きな満足感を感じられる仕事でもあります。施工管理なら自分の能力を存分に発揮できると思われる方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

©2016 施工管理の仕事とは?!