施工管理の仕事とは?!

施工管理の給料

施工管理は、主に工事現場で施工の作業を行う職人を管理すると言った現場監督のお仕事です。目的は、工事がスムーズに進行していゆき、かつ安全に完了されるために行います。そのため、工事現場では欠かせない重要な役割を果たす業務です。この仕事に就くためには、工学部や建築に関する大学や大学院などを卒業していると有利です。

なぜなら、部材を埋め込んでも安全かどうかを判断したり、現場の指揮命令と言う役割を担当するため、土木や建築分野の専門的な知識が必要となってきます。そのような理由からも、施工管理の求人は建築関係の業種を始め、安定した需要があります。

また、業務内容が大規模な土木工事を管理すケースため、長期間に渡ることもあり、体力が必要となることが多く、精神的にも肉体的にも粘り強さを兼ね備えた体育会系出身者が向いている傾向があります。さらに、状況を的確に把握し、正確に指示を出す理解力や現場の職人たちとやりとりをするため、柔軟さやコミュニケーション能力も大切です。肉体労働でかつ責任感が求められる仕事のため、長年の経験を積むと土木建築の詳しい知識が身に付けることができ、将来的には会社を設立したり、独立も可能です。

施工管理のお仕事は、工事を行う際になくてはならない重要な存在で、施工管理は、工事でけが人が出さずに、苦情などのトラブルが無いよう無事に終えるることが出来るように指示を出して、管理を行うと言う重要な役割を担当し、工事現場にはなくてはならない重要な存在です。そのため、給料は一般的な職種よりも高い傾向にあります。平均的な年収では700万円代と言われています。これは、一般的な平均年収が500万円台と言われていますので、200万円程度も高いと言う計算になります。しかしながら、施工管理のお仕事は監督以外に施工や予算の計画を行ったり、社内でのデスクワークも行うなど多岐に渡ります。そのため、様々な業務が複合しているため他業種と比較すると忙しいと言う特徴があります。

次に、施工管理の求人についてですが、転職者を考えているケースではインターネットの転職サイトの活用が便利です。転職の求人は新卒と比較すると、流動性が高いため転職サイトを活用するといち早く最新の求人を把握できるほか、スムーズに転職が成功するように様々な情報を得ることができます。さらに、転職エージェントが開催する合同説明会のようなイベントに参加する方法もあります。合同説明会ではより優秀な人材確保を望む企業が会場に集まり、自社ブースを設け、求人案内を行うイベントです。

日中は本業がある学生やビジネスマンは、個別で企業の説明会を回ることが難しいため、こう言ったイベントは就職を目指す学生や転職を考えているビジネスマンにとっては限られた時間の中で効率よくご自身に合う仕事を見つける有効な機会とです。また、イベントは基本的に参加無料となっていることが多く、合間に見学することも可能です。最後に、転職は流動性が高いので、お考えの際には事前にお持ちの経歴やスキルなどの情報をまとめておくなど、準備しておくことが大切です。ご希望する条件に合った求人が出た際にはすぐに応募が出来るようにしておきましょう。

©2016 施工管理の仕事とは?!